So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
2018年11月| 2018年12月 |- ブログトップ

倒木の枝にあったボックリでクリスマスツリーを作った!!

倒木の枝からとったボックリでクリスマスツリーを作った!!
Fibonacci tree3a.jpg
Fibonacci tree 2aa.jpg
Fibonacci tree 9a.jpg
子供の時から木々に囲まれて育った為か?海よりも山で癒される
方が多い、同じ林や森でも、季節それぞれに表情があり、風も、
木々の香りも違う。
E58E9FE7949FE69E9720175.jpg
今年の秋、蓼科に行って驚いたことがあった別荘の周りの大木が
土をつけたまま根元から倒れている、至る所にあった。
原因は台風、出来るだけ自然のままで我々に触れる様に、森には
手を入れず必要な部分のみ切ってそこに家を建てる・・管理会社
の方針だった。今年管理会社から「災害時に備えて建物の周りの木を
出来るだけ切りましょう」と言う趣旨の問いかけがあった、今までと
全く違う方向に・・・!!
原因を聞くと前述の台風や地震・・木々が倒れ建屋に損害を及ぼす
恐れがあるとの事。
来年雪が溶ける頃を見計らって切ってもらいことにした。
私の仕事の中にも自然の素材にできるだけ手を入れず、デザイン
したものも少なくない、このブログでもいくつかお知らせして来ました。
m_E382A2E382BFE38383E382B7E383A5E383BBE5B1B1E891B5aa.jpg
ここ数年目立って自然災害が起きている、天・地・海あらゆる方向から
起きている。
我々で出来る事・・自然と向き合い、自然に逆らわない、そこから幾許か
分けてもらい、我々の糧とする。
そうする事で起きてしまった災害から受ける被害を出来る限り最小に
止める、先人の教え、寺や神社のあるところは、地震や台風など自然の
災害を受けないこれは、自然から学んだ統計学なのか?
私の生まれた秩父地方は地震の被害が少ない、5mくらい掘ると岩盤に
突き当たる・・かつては、海の底・・武甲山は全て石灰岩から出来ている。

蓼科の倒木の枝ついていたボックリでクリスマスツリーを作って見た、
いい香りもする、色を塗るのは惜しいが!この気が元気だった頃の緑色に、
写真に収めると元の木の持っていた姿が蘇る。
Fibonacci tree3a.jpg
*森を見直そう・・!!と言うメッセージを込めて。

新製品企画開発・工業デザイン業務・デザインコンサルタント
Interface home URL:http://www.interface-com.co.jp
Interface rogo.jpg
Twitter:http://twitter.com/hideaki0         
Facebook: https://www.facebook.com/hideaki.noguchi.10
Mail:h-noguchi@interface-com.co.jp
Copyright[コピーライト] by Interface corp.
nice!(0)  コメント(0) 

2018年11月|2018年12月 |- ブログトップ