So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

デザインのDNA・・・セミナー開催のお知らせ!!

デザインのDNA・・・セミナー開催のお知らせ!!
noguchi semi 2.jpg
都)中小企業振興公社 城東支社主催の企業向けセミナーを開催致します。
日時:2018.3.16(金)14:00 ~16:30
場所:シアター1010(センジュ)11階視聴覚室
   東京都足立区千住3-92 千住テルミス1番館11F
参加費:無料
○これからの時代、自社が生き抜いて行くためのひとつの手段として、
 自社の技術や強みを活かした「新製品開発」があります。
 このセミナーでは新製品開発への意欲はあるものの、まずは何から
 始めたらいいかわからない方向けに、開発手順や必要な準備について
 解説します。
 合わせて、実際に積極的に自社製品開発に取り組み、販売を続けている
 企業の事例をご紹介します。

内容:第一部 光る技術とデザインの力で発信型企業へ!
       自社製品開発の「最初の一歩」
       講師:野口英明
   第二部:事例紹介 株式会社安心堂 会長 丸山寛治氏
   *第二部は講師:野口英明とのトークセッションです。
【スタンプ無】H29第3回産業セミナーチラシa.jpg
詳しくは:
    Noguchi mail:h-noguchi@interface-com.co.jp までメールにて
   お問い合わせ下さい。
   公社セミナー告知ページ:
         http://www.tokyo-kosha.or.jp/topics/1802/0005.html

noguchi semi 1a.jpg

新製品企画開発・工業デザイン業務・デザインコンサルタント
Interface home URL:http://www.interface-com.co.jp
interface rogo.jpg
Twitter:http://twitter.com/hideaki0         
Facebook: https://www.facebook.com/hideaki.noguchi.10
Mail:h-noguchi@interface-com.co.jp
Copyright[コピーライト] by Interface corp.
nice!(0)  コメント(0) 

デザイン的思考を取り入れた日本の農業とその可能性について!!

デザイン的思考を取り入れた日本の農業とその可能性について!!
以前掲載しました記事に対してアクセスが多いので、再編集して掲載致します。
自然の生態系のシステムとの融合を視野に入れた自然農法の実践と可能性について。
以前もこのBlogでも触れましたが、日本の農業は新たな方法論を模索している。
日本の食料自給率は40%をきっていて・・現在、野菜・食肉ともに難しい産業で
す、私は子供のころ田舎で育ちました、農業(野菜つくり)は、実際に種まきから
収穫まで経験があります、神戸や新潟の地震があった時にライフラインの寸断
で被災者に食べ物が届かないという事態が起きた、つまり作物によって特産地
があり、其処からトラックや産物によっては航空便で消費者に届ける・・・!!
そして、東日本大震災に依る原子力発電所の被災に依る環境汚染、農業は大地
にて・・と言う既成の概念を根本から考え直さざるを得ない事態となっている。
factry1.jpg
tomato1.jpg
・・そして・・土のない都会では農業は出来ない・・そんな考えを全く覆す事が
今の農業に起きている、都会のど真中のビルで普通に野菜や果物が栽培されスーパー
で販売され、レストランなどでも料理されて提供されている。
輸入の果物などの影響で季節感が無くなり夏野菜、冬野菜などといった意識も薄く
なっている、都会での地産地消型農業ということだ、生鮮野菜などは産地から高い
輸送コストをかける必要が無く、また前述のライフラインの寸断、更に大規模な
環境汚染は工場栽培へ可能性と期待を大きくしている、・・・ひょっとすると隣の
ビルが野菜工場・・などということがあるかもしれない、ただ現状では都会での
(空きビルなどでの)工場栽培は実験的レベルが多く、現状は産地においてのプラント
による栽培が行われているケースが多い、工場での野菜作りについては日本全国で
“完全人工光型植物工場”36箇所“太陽光・人工光併用型植物工場”16箇所
(なぜか植物工場という呼び方をしている)となっている、人口光と培養液、徹底した
環境管理により、工場から消費者までクローズドパッケージのまま届けることができ、
新しい農業の形といえよう、農業というより“インダストリーファーム”“アグリビジネス”
と言った方がピタッ!と来る。
植物Pda.jpg
現状は、グリーンリーフ、フリルアイス サラダ菜、リーフレタス、イチゴ、などの栽
培が多く、根菜や果物までには至っていない、ただ10年ほど前に一本のトマトの
(水耕栽培)に2万個の実が生ったというデータも有る、私の関っているデザイン塾
でのテーマでも必ず空きビルを利用した野菜の栽培といった提案があるのも、今
都会型の農業に新たな可能性が込められていることは確かなのです。

“農業は大地”と言うキーワードを“安心安全”として考えると・・工業化農業の
可能性は大きな意味を持ってくる。
日本の農産物は今やブランド化して輸出産業としても立派に成立する。
新たに・・自然の生態系のシステムとの融合を視野に入れた自然農法の実践と可能性
について。
ichigo minori.jpg
今、輸出産業として、イチゴ、モモ、リンゴ、みかん等のかんきつ類など、
温度・湿度・管理された環境で・・安全で高品質な農産物として工業製品と並ぶ
ジャパンブランドとして・・、これらの農法で欠かせないのが自然の生態系システム
の融合・・・果物の生育に欠かせない交配作業も養蜂家(ミツバチ)との協働により
より自然で効率のよい成果を生み出している。
ichigo kouhai.jpg
ミツバチ.jpeg
農家と養蜂家とのWin・Winの関係を生み出すシステムです、DNA操作など
環境ホルモンに影響をきたさず、効率も良いこれらの農法は日本の輸出産業として
注目されるブランドに成長しています。
ringo mits.jpg
tomato2.jpg
デザイン的思考を取り入れた日本の農業は、日本の文化としてさらに進化をし続ける
可能性に満ちています。
*資料は一部ネットから頂きました。
新製品企画開発・工業デザイン業務・デザインコンサルタント
Interface home URL:http://www.interface-com.co.jp
interface rogo.jpg
Twitter:http://twitter.com/hideaki0         
Facebook: https://www.facebook.com/hideaki.noguchi.10
Mail:h-noguchi@interface-com.co.jp
Copyright[コピーライト] by Interface corp.
nice!(0)  コメント(0)